キャンサーボード

キャンサーボードとは

キャンサーボードとは、地域がん診療連携拠点病院の指定用件として 「1.診療体制、(1)診療機能」に記されている、がん患者の病態に応じた より適切ながん医療を提供できるよう、手術、放射線診断、放射線治療、化学療法、病理診断及び 緩和ケアに携わる専門的な知識及び技能を有する医師、その他の専門を異にする医師等によるがん患者の 症状、状態及び治療方針等を意見交換・共有・検討・確認等するためのカンファレンスのことをいいます。

東海大学医学部付属病院のキャンサーボードについて

東海大学医学部付属病院では、がん診療連携拠点病院として2013年7月より 毎月1回(火曜日)キャンサーボードを開催しております。 会議内容は、診療アルゴリズムに影響を及ぼすような重要な論文に関するわかりやすい 解説や複数科の医師や医療従事者を交えての症例検討などです。

開催日について

キャンサーボードは毎月第1または第3火曜日に開催します。
場所:伊勢原校舎7階 7D01講義室 時間:17時30分〜18時30分
※8月は休会となります。

ポスター 開催日 内容(詳細はポスターをご覧ください)
2020年10月度 10月20日(火)18時15分
特別講演:病理診断科 畑中一仁先生
     呼吸器内科 端山直樹先生
     呼吸器外科 須賀淳先生
・中皮腫のUp to date 
2020年11月度 11月17日(火)18時15分
特別講演:未定
・未定     
教育講演:未定
・未定        
2020年12月度 12月1日(火)17時30分
特別講演:未定
・未定     
教育講演:未定
・未定 
※上記内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。

過去の教育講演トピックス

過去の教育講演をまとめたトピックスを公開しています。
*講演内容をクリックするとトピックスが展開します。
2013年度はコチラ
2014年度はコチラ
2015年度はコチラ
2016年度はコチラ
2017年度はコチラ
2018年度はコチラ
2019年度はコチラ

             
開催回 教育講演 演者 講演内容
2020年4月度開催せず ・開催せず
2020年5月度 乳腺内分泌外科 寺尾まやこ先生
乳腺内分泌外科 津田万里先生
・トリプルネガティブ進行再発乳がんの治療について 
・進行トリプルネガティブ乳がんに対するアテゾリズマブとナブパクリタキセル
Atezolizumab and Nab-Paclitaxel in Advanced Triple-Negative Breast Cancer
N Engl J Med 2018; 379:2108-2121
DOI: 10.1056/NEJMoa1809615
2020年6月度 消化器外科 岡田和丈先生
消化器外科 大宜見崇先生
・直腸癌の治療について 
・直腸癌手術での側方リンパ節郭清の有無における長期フォロー成績
Long-term follow-up of the randomized trial of mesorectal excision with or without lateral lymph node dissection in rectal cancer (JCOG0212).
2020年7月度 整形外科 丹澤義一先生 ・最近の癌骨転移診療と運動器マネジメント
2020年9月度 血液腫瘍内科 青山泰之先生 ・急性骨髄性白血病の治療に関して
・Gilteritinib or Chemotherapy for Relapsed or Refractory FLT3-Mutated AMLN Engl J Med 2019; 381:1728-1740


キャンサーボードの様子 キャンサーボードの様子2
キャンサーボードの様子


※トピックス及びキャンサーボードの写真の無断転載使用はご遠慮ください